レジ袋のサイズ

東日本と西日本の表記の違い、そして最近の表記のされ方など

市販されているレジ袋のサイズは小さいものから大きなものまでさまざま。
そんなレジ袋のサイズ一覧です。

東日本と西日本の表記の違い、そして最近の表記のされ方なども合わせてアップします。

東日本表記西日本表記最近の表記ヨコxタテxマチ(mm)
6号20号3S150x310x100
8号25号SS160x360x100
12号30号S180x410x120
16号190x460x120
20号35号M210x460x130
25号210x480x130
30号40号L260x480x130
35号260x530x130
45号45号LL300x530x140
60号50号3L350x600x150

レジ袋のサイズ(タテ×ヨコ×マチ)は、我が家がいつもレジ袋を購入している「ココデカウ東京23」で販売されているモノを参考にしました。
メーカーによって、多少サイズの違いはある?みたいで…。
例えば45号というサイズでも、メーカーによって微妙なサイズの違いがあって、普段使っているレジ袋は余裕で掛けられるゴミ箱なのに、違うメーカーのレジ袋だとキツキツってこともあるんですよねー。

ちなみに、スーパーで配布されている通常のサイズは、45号(LL)サイズがほとんどだと思います。
部屋などに置く一般的なゴミ箱にピッタリな感じのサイズです。

我が家がネットで買うレジ袋のサイズは、45号と8号…時々12号。

東日本と西日本の表記の違い、そして最近の表記のされ方など

レジ袋の45号に関しては、半透明の他、乳白色も買います。
ちなみに、45号の半透明のレジ袋は、乳白色のモノより100円くらい安く買えるんです。
使う用途によって、半透明と乳白色を使い分けていますよ。

東日本と西日本の表記の違い、そして最近の表記のされ方など

45号のレジ袋は、ゴミ箱に掛けたり、バッグの中に何枚か入れておいたりするサイズ。
8号のレジ袋は、小さいゴミ箱に掛けたり、生ゴミを捨てる時に使ったりするサイズ。

東日本と西日本の表記の違い、そして最近の表記のされ方など

最近は、レジ袋が有料のスーパーが多いですよね。
それでも無料のスーパーもまだあって、そんなお店では迷うことなくレジ袋をもらいます(^_^;)。
ゴミ箱に掛けるレジ袋は買わないと足りないので、無料でもらえるって助かるんですよね(^_^;)。

以上、レジ袋のサイズのお話でした(^^)。